予防プログラム

  • HOME
  • 予防プログラム

虫歯や歯周病がない状態でも定期的に通院し、クリーニングや口内の検査を受けることが、予防の第一歩です。当院の予防プログラムでは、デジタルレントゲンでの撮影や、虫歯の進行を数値化することができる「ダイアグノデント」の使用、口内の細菌の種類や量を調べる「細菌検査」により、お口の状態をしっかりとチェックしています。

その後、虫歯や歯周病の原因となるバイオフィルムという細菌が作り出した膜を取り除いていきます。バイオフィルムは、ご自宅でのブラッシングではどうしても取り切れないため、歯科医院でのクリーニング(PMTC)が有効です。
PMTCには、
①歯のエナメル質の強化
②バイオフィルムを壊してプラークを除去し、再接着を防ぐ
③歯肉が引き締まることによる歯周病や歯肉炎の予防
④ステイン除去により歯につやを出す
といったメリットがあります。

また、虫歯予防のためにフッ素塗布も行っています。さらに、レーザーを併用して歯の表面に直接フッ化物を塗布するフッ化物歯面塗布法もご用意しています。フッ化物歯面塗布法は、虫歯になりやすい箇所にあてることで、フッ素の深達度を高めることができます。

その他に当院が行っている治療として「3DS」があります。これは、抗菌薬を入れたマウスピースをお口に5分ほど装着することで、虫歯菌や歯周病菌を除菌する予防法です。事前にPMTCを行ってお口の中からバイオフィルムを取り除き、その後に行うことで、虫歯や歯周病の発症や進行を抑える作用が期待されています。

また、レーザー治療にも力を入れています。レーザーは、照射することで患部の止血や凝固、蒸散作用があり、お身体への負担を抑えながら予防・治療を行うことが可能です。

このような様々な方法を用いながら、患者さまがいつまでも健康な口内環境を維持できるようお手伝いしたいと考えています。